2.千光寺公園開発の提案

 明治時代初頭、尾道大寶山にある千光寺は、西国寺の末寺として、永い間、無住の状態が続いていたため、荒廃しておりましたが、明治6年、西国寺のお坊さんで高野山でずっと修行されていた多田実圓という僧侶が新しく、千光寺の住職として着任されました。

 多田実圓住職は香川県の人で淡白洒脱、しかも寛容慈徳であったと言われ、その徳をしたって集まる人も多く、これまで住職の居られない時にも、お寺を守ってきた千光寺檀家の人達は大変喜んでおりました。

 ところがわずか5年後の明治11年、多田実圓住職は請われて、西国寺第42世住職に就任され、千光寺は再び、無住のお寺となってしまいました。しかし、多田実圓住職は西国寺の住職に就任の後も、西国寺の末寺である千光寺の住職をも兼務の型で勤められており、千光寺檀家の人々は総代の平田長七を中心に引き続いてお寺を守っておりました。

 そうした中、千光寺では檀家の人達を中心に時々、囲碁の会合が開かれておりました。

 明治27年3月17日、いつものように千光寺で開かれた囲碁の会において檀家の一人である三木半左衛門が次のような提案をしました。

「昨年、私は関東、東北から近畿地方に至る名所、旧蹟を遊覧してきたが、どこと比較しても、ここ尾道の千光寺から眺める景色程、良い処はなく、ここが日本一だと感じた。できるだけ多くの人達に千光寺へお参りしてもらい、そしてこの景色を楽しんでもらいたいと思った。しかし、現在のように荒れ廃れたままではそれもできず、また眺める場所もない。尾道の町全体の不名誉だと思う。ついてはここにおられる我々が発起して石段をつくり、お寺の修繕もし、そして誰でもが遊び、尾道のすばらしい景色を眺めることのできる場所をつくろうではないか。」

 囲碁の会に出席していた全員が「それは良い。」と賛同されました。

 尾道の風景のすばらしさについては、明治時代中頃までは頼山陽を始めとする文化人達こそは、千光寺山頂上より眺める景色のすばらしさに気付き、遊学の歩をすすめ、その景勝を誉め称えておりますが、地元の人々は、なお麓から眺める千光寺山の美しさや尾道水道の風景に満足していたのです。また、千光寺へ上る参道は、細く曲がりくねった農道で老人、子供には大変登りにくい道でもありました。

(注)明治時代中頃まで麓から千光寺へ登る道は
(1)土堂町の寺小路(村上病院の西横、通称ゴットン小路)から登る道
(2)艮神社の横から登る道
(3)善称寺横の小路から登る道
(4)土堂小学校の横から登って、屋根伝いに行く道
などがありましたが、いずれも狭く曲がりくねった道でした。
旧後地村附尾道村 (芸藩通志所載)江戸時代後半の尾道町部分



三木半左衛門の提案は、千光寺山麓から眺める尾道の景観をさらに高め、千光寺山頂からの美に酔う時代を開くと共に広く尾道町の人々に憩いの場所を提供しようとしたものでした。

(樫本慶彦氏の著書「千光寺山頂から尾道の景色を楽しもう! 尾道千光寺公園の開発と三木半左衛門」より)

〜著者プロフィール〜
樫本慶彦。昭和17年広島県尾道市生まれ。尾道市立長江小学校、長江中学校及び広島県立尾道北高等学校を卒業。昭和40年、大阪市立大学経済学部卒業後、広島銀行へ入行。同行尾道支店に2度、通算6年間勤務し、平成7年同行己斐支店支店長を最後に退職。現在は広島市西区横川町の広川(株)に勤務。父母共に尾道市内にて元小学校教員、特に父親は教員退職後、尾道市立図書館長及び尾道市文化財保護委員を勤めていた。

千光寺山荘ホームページ

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
1、はじめに

 昭和43年3月26日、尾道市議会において、松谷勝尾道市長は、尾道市名誉市民条例に基づき、平山角左衛門、山口玄洞そして、三木半左衛門の3名を尾道市名誉市民として選定し、推薦しております。

 選定にあたって、松谷市長は「尾道市民の各位が広く、その業績を認めておられる方であり、さらに今後もその人達の遺徳を偲ぶにふさわしい方々を選定した」と説明され、その中で三木半左衛門の具体的な推薦理由を「三木半左衛門、大正元年1月23日没、天保9年阿波の国に生まれ、壮年の頃、尾道に移って、商業を営んだ。千光寺公園の開発に着目し、共楽園を開き、明治35年、これを尾道市に寄付した。これが今日の千光寺公園の基となった。」と述べておられます。

 このような松谷尾道市長の推薦に基づき、尾道市議会において承認、決定された尾道市名誉市民も一人、三木半左衛門の功績を尾道市政執行100周年を迎える今日、今一度振り返って見つめ直してみたいと考えました。

 また、私が尾道市立長江小学校に通学しておりました時、夏休みには毎朝、千光寺山へ登り、先生や仲間と共に6時30分からラジオ体操をするのが一日の始めであり、帰路は千光寺公園でゆっくり遊んで帰ったものでした。

 現在は、広島市内に居住しておりますが、生まれ育った故郷尾道市と懐かしい千光寺公園を思い、何かお役に立てればと考え、調査を開始いたしました。 85 年前に亡くなられた三木半左衛門翁の生涯とその足跡をたどることは、想像以上に非常に困難な作業でありましたが、ご遺族の所持されていた日誌、資料、尾道市立図書館や金光図書館の資料、口伝等、様々な資料を調査、確認する中で少しでも信のおけるものにしたいと配慮しつつ、尾道市名誉市民推薦理由の千光寺公園の開発を中心に取りまとめてみました。

(樫本慶彦氏の著書「千光寺山頂から尾道の景色を楽しもう! 尾道千光寺公園の開発と三木半左衛門」より)

〜著者プロフィール〜
樫本慶彦。昭和17年広島県尾道市生まれ。尾道市立長江小学校、長江中学校及び広島県立尾道北高等学校を卒業。昭和40年、大阪市立大学経済学部卒業後、広島銀行へ入行。同行尾道支店に2度、通算6年間勤務し、平成7年同行己斐支店支店長を最後に退職。現在は広島市西区横川町の広川(株)に勤務。父母共に尾道市内にて元小学校教員、特に父親は教員退職後、尾道市立図書館長及び尾道市文化財保護委員を勤めていた。

千光寺山荘のホームページ

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
結婚式、御結納、御法要後の御会食や、忘年会、新年会、同窓会、その他お祝いのお席に是非ご利用ください。ご利用日の1週間前までのご予約が必要です。

お昼席限定
 瀬戸内ミニ会席 3,150円より

昼夜共通
 瀬戸内本格会席(十二品) 6,000円より
 ※お祝いや御法要など席種に合わせてアレンジ可

日帰り特典
 尾道市内なら10名様以上無料送迎可(※有料道路代は別途必要です)
 会場は全て無料で個室をご用意

千光寺山荘のホームページへ

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています