007_emi_suiinn.jpg

江見水蔭
 名は忠功、明治二年岡山に生れた。巌谷小波、大町桂月らと交り硯友社同人となったが、明治二十五年には自ら江水社をおこして雑誌「小桜緘」を刊行、田山花袋、太田王茗らを育てた。明治二十七年、月頃が活躍期で「文芸倶楽部」には眉山、鏡花、柳浪らと名を連ね、その深刻小説風の取材と清新な情味とを期待されたが、別に探検小説、冒険小説にも筆をとった。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
006_kindaichi_kyosuke.jpg

金田一京助
 盛岡市に生る。東大文科大学言語学科卒。現在日本学士院会長。「アイヌの研究」「アイヌ叙事詩ユーカラの研究」などの著述がある。この和歌は昭和三十年尾道に来遊の際の作である。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
005_jippennsha_ikku.jpg

十返舎一九
 静岡の人、有名な矢次郎兵衛、喜多八を主人公とした「東海道中膝栗毛」の作者で、山陽道漫遊中の作。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
004_motsugai.jpg

物外
 愛媛県松山の人、三原候に信任されて尾道市栗原町済法寺の住職となった。文武二道に達し、俳諧書道から三味線をもたしなみ、拳骨和尚の異名で有名である。この句は、伊予に生まれてビンゴに育った和尚の、なごやかな気持ちがうかがわれる。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
003_masaoaka_shiki.jpg

正岡子規
 松山の人、俳誌「ホトトギス」を発刊、俳句改新の大先達となった。この句は、日清の役に、日本新聞の従軍記者として尾道を通過したときの作で、西国寺の三重塔と天寧寺の海雲塔を眺めたものであろう。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
002_maeda_shozan.jpg

前田曙山
 名は次郎、明治四年東京に生まれた。兄は太郎(香縁情史)が硯友社系の一人として目地二十四年には処女作「江戸桜」を「千紫万紅」に発表し、つづいて春陽堂の編集記者として活躍したが、対象の末年に至って、大衆文学「燃ゆる渦巻」その他を発表し大衆作家として文名を知られるに至った。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
001_tokutomi_sohou.jpg

徳富蘇峰
 熊本の人、徳富蘆花の兄、上京して民友社をつくり国民新聞を創刊、その大著「近世日本国民史」は、頼山陽以後の在野の史家の第一人者といわれた。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
早いもの勝ち!5/12の休前日が10%オフ!〜炭火焼デラックスプラン
早いもの勝ち!5/12の休前日が10%オフ!〜炭火焼ファーストプラン
早いもの勝ち!5/12の休前日が10%オフ!〜大宝山鍋付きプラン

 上記の3プランは5月12日泊のご予約に限り、それぞれのコースを通常価格の10%オフでご利用頂けるプランです。弊社オフィシャルサイト限定プランとなっております。

☆GW前後限定☆1泊2食付が10000円のスペシャルプラン

 ゴールデンウィークの前の週と後の週の平日限定で、1泊2食付をお一人様10,000円(税込)でご利用頂けるプランです。

 皆様のご予約をお待ちいたしております。

ご予約はこちらから

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
w500_3.jpg

ご宿泊プラン「尾道海鮮炭火焼ファーストプラン」に付く天然鯛の姿造りです。写真は二人前になります。

ご予約はこちらから

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
w500_2.jpg

付出 鯛肝ペースト 湯葉スティック
造り 五種盛り
吸物 海老真蒸 白木耳
焼物 尾道海鮮炭火焼(鮑、鯛、車海老、野菜)
煮物 黒メバルの煮付 小芋 筍 絹さや 針生姜
蒸物 里芋饅頭琥珀あんかけ
揚物 オコゼ唐揚 ポン酢 薬味 レモン
酢物 栄螺土佐酢掛け
御飯 白御飯
香物 二種盛り
果物 静岡メロン 苺

ご注意:
※写真は標準料理例です
※お品書きは4月18日現在のもので、一部写真とは異なるものもあります
※お品書きは仕入れ等により、予告なく変更される場合があります

ご予約はこちらから

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
14件中(1件〜10件を表示しています)   前   |