020_yoshii_isamu.jpg

吉井勇
 東京の人、昭和十一年、五十一才のとき、四国路、中国路、瀬戸内に歌行脚を試みたが、その途中、尾道を訪れて浄土寺や千光寺に詣でたときの一首。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています