021_koka.jpg

 作者の名も伝わらない、この古歌は玉の浦即ち尾道のみなとをうたった歌としてふるくから人々の間に愛誦されている。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています