022_kosugi_houan.jpg

小杉放庵
 画家、本名国太郎、日光に生まれた。初めは未醒と号し、大正二年外遊、帰国後、再興日本美術院同人となり二科会に参加し、次いで春陽会を組織した。絵は和洋を兼ねて一種の仙骨を帯び、和歌にも秀でていた。この歌は終戦後、尾道来遊の時の作品。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています